社会保険労務士とは?

社会保険労務士事務所の仕事内容は、大きく3つに分類することができます。
労働社会保険諸法令などに基づいた書類の作成と代行提出。
健康保険や雇用保険と言ったおなじみのもの含まれています。
また、帳簿書類の作成などもありますが、労働者名簿や就業規則などの名簿なども作成しています。
そして、これはすべてがそうではないのですが、人事や労務に関するコンサルティング業務を行っているところもあります。
書類の作成などについては、社会保険労務士でなければできないことです。


社会保険労務士になるにはとても難しいとされていて、試験なども大変で合格率も10%台だと言われています。
覚えなくてはならない法律が山のようにあり、実際に仕事としても、書類作成は簡単そうに見えて、法律違反がないよう、慎重な業務が続くとされています。


たいていは、社会保険労務士になって、事務所勤めをしたり、会社内で経験を積むことで、独立の道を歩む方もいらっしゃいますが、そんなに簡単な話ではないとされています。
仕事内容も極めて地味だと言う話もありますが、沢山の企業からの信頼を得て、大きなコンサルタント会社になることもできます。
会社の中で人に関する業務について、円滑でスムーズな事務処理のお手伝いをするわけですが、その地道な努力が認められることで、社会保険労務士事務所を開業するのも夢ではないとされています。
まずは資格取得から始まり、大変な勉強が続くとされていますが、やりがいは大いにある仕事だと言えます。


●外部リンク
着手金無料で障害年金の手続きサポートをしてくれる社会保険労務士事務所です > 障害年金